パン大好き、パン屋巡りをしながら自分でも作っています。 今年3月に辻調の製パン通信講座を無事終了。 目下のブームはクープの開いたカッコいいフランスパンを目指してパン作りを楽しんでます!


by norinori_831
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

第14課 パン・ヴィエノワ & ツォップフ

今月の私の課題に取り組む姿勢は前向きかも。
透かさず14課のPain ViennoisとZopfを昨日作りました。
c0134496_8413115.jpg

昨日の午前中はくしゃみ鼻水が止まらなくて最悪だったんですけど、点鼻薬でなんとかSTOP。

夫がいるのにも関わらず2種類のパンを焼くなんて珍しいんですけど、土曜にきたNewオーブンを使いたい気持ちが私をかきたてましたね~。

ヴィエノワは、成形後すぐにクープを入れていくのが意外と難しくて、気持ちはざっくり深めに入れようとしているのに、生地を押さえていた左手に妙に力が入り痕がついてしまいクープは浅くなり、、
ぬぉ~(◎o◎)と一人でアタフタしてしまいました。
でも、結果ホイロ時にその痕も消えてくれるから、構わずざっくりいけば良かったんですねぇ。
勉強になりました。
粉量200㌘で6本しか作らなかったので、練習できる本数が少なかったのもいけなかったんですねぇ。

ツォップフはソフト系のパン+レーズンの相性はどうも人気がない我が家なので、1個を目標に粉量100㌘で仕込み。
久しぶりの黄色い生地を見たような気がしました。リッチぃ。
スクーリング時に編み込み練習はしたので、一人で作ったのは初めてだったけれど、成形はOK。
ただもう少し中央部分に膨らみがあった方が美味しそうですね、きっと。
そうだ…、実は編み込み生地3本のうち、1本は生地を裏にして成形しちゃったんですよね。
よく見ると分かると思います。大事ですね、こういうこと。




共にNewオーブンのパワーもあって、焼き色もムラなく安心。
焼成時、案の定ずっとオーブンの中を見つめていました…(^_^;)

夫が居るときにパンを作ると、どうしても家事も夫への対応もおざなりになってしまうのですが、
焼き上がりを見て、「お~食べたい」と言ってくれるのがなによりも嬉しくなります。

パン・ヴィエノワは相当気に入ったようです。
c0134496_92038.jpg1本はコンデンスミルクとバターで作ったバターミルクを挟んでおやつに・・・

c0134496_9205860.jpg2本はソーセージを挟んで…
夫は一人で計3本食べてくれました。

「美味しいっ」を連発してました。
いつもはなんの感想も聞けないけど、こんな風に言ってもらえると本当に嬉しいものですね。

さぁ、ツォップフはどうかな~、今日のおやつに食べてみます♪

そして、今月の課題を早く終わらせて、リーンなパンをNewオーブンで作りたいっ。
[PR]
by norinori_831 | 2007-10-15 09:33 | 辻調通信講座