パン大好き、パン屋巡りをしながら自分でも作っています。 今年3月に辻調の製パン通信講座を無事終了。 目下のブームはクープの開いたカッコいいフランスパンを目指してパン作りを楽しんでます!


by norinori_831
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

しつこくクロワッサン と コリンテンブレートヘン

先日のクロワッサンの出来がひどくて、この悔しさが残っているうちにもう一度チャレンジと
夫のいぬ間にしつこくクロワッサンを作りました。
どうでしょ、今度は…
c0134496_16255483.jpg
なんとか層が出来ているような?

内層も前回よりはいい感じです。
c0134496_16311885.jpg
なんでチョコが入っているの?と突っ込まないでください…^^;
パン・オ・ショコラを作ったわけではなく、余っていたバトン・ショコラを2個だけに巻いてみた
のですが、どれに入れたのか分からなくなってしまい、たまたまカットしたのがコレでした。
なんだか当たりくじを引いた気分♪

別の角度からは…



c0134496_16273812.jpg
やっぱり前回よりはいいんじゃないでしょうか。サクサク感も前回より格段に違いました。

今回は粉量200㌘で昨晩から仕込んでおきました。
やっぱりパイローラーがないと伸ばすのは大変ですが、量が少ない方が伸ばすのが楽。
手早く手早く…と焦るとパニックする私なので、あまり深く考えないことも大事なのかも。

ま、まだまだ理想のクロワッサンには程遠いけれど、ちょっぴりテンション上がり、
これに気を良くした私は、生イーストも残っていることだし…と続けて先月の課題で作らなかった
ドイツのリッチな生地で作るぶどうパン「コリンテンブレートヘン」とやらを作ってみました。
c0134496_17191473.jpg
ドリュをシリコン刷毛で塗ったので焼き上がりが汚い~。
コリントレーズンとともにカルダモンというスパイスが入り独特の風味を作りだすというこのパン、
なぜにわざわざカルダモンを入れなきゃならないのさ…
富澤で262円だったけれど、レシピ上0.3%ってことは粉200㌘で仕込んで0.6㌘しか使わないから
このためだけと思うと高すぎっ。
だけど、satomiさんの話だとアメリカでは$17もしたそうで、お分けしたいくらい。
そのsatomiさんの話では入れなくても美味しかったとのことだったので、レシピの半分の
0.3㌘だけ入れてみました。
焼き上がりの香りが若干スパイシーな感じ?えーと、インド、スリランカな感じ?がしたけれど、
味は特に言われなきゃ分からないかも…と思ったら、食べ終わった後独特の香りが口の中に
残る感じ…。
うーん、確かに入れないほうが良かったかな?
でも、やっぱりリッチな生地だけあって、フワフワで美味しい。

受講開始前は続けられるか不安でしたが、製パン技術とともに日本のパン屋さんには
並んでいないような珍しいパンを知ることが出来て楽しかったですね。
残りあと2ヶ月、あっという間で少し寂しいですね。
夫は不在だし、復習、復習♪
[PR]
by norinori_831 | 2008-01-18 18:10 | 辻調通信講座