パン大好き、パン屋巡りをしながら自分でも作っています。 今年3月に辻調の製パン通信講座を無事終了。 目下のブームはクープの開いたカッコいいフランスパンを目指してパン作りを楽しんでます!


by norinori_831
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

サワー種でライ麦パン祭り週間

c0134496_2232855.jpg

ヴァイツェンミッシュブロート…

室温が常に25℃前後になったら…と思って保留していた通信講座の課題第21,22課の
サワー種に取り組んでおりました。
先週初めから仕込み始めた初種が今週月曜に出来上がり、水曜日にサワー種を作ってから
追いかけられるような気分です。

このヴァイツェンミッシュブロート、本来は横長のバックコルプを使うのですが、
持っていないので丸型を使って、十字クープを入れてしまったので、
まるでパン・ド・カンパーニュです。

c0134496_2247537.jpg

今、欲しいもの。横長のバックコルプ。欲しい欲しい…

ドイツパンって下を噛みそうなくらい発音しにくい上、覚えられない…。
ちなみにヴァイツェンミッシュブロートは小麦粉の割合が多いライ麦パンのことで、
ライ麦と小麦粉が同量だとミッシュブロートと呼ぶそうな…。短い方が覚えやすいわ。

これは、翌日の木曜日に作ったひまわりの種を混ぜたライ麦パン、ゾネンブルーメンブロート。

c0134496_536969.jpg

ヴァイツェンミッシュブロートの配合にひまわりの種が加わるので吸水が多くて、
調整水取らずに入れたのでミキシングが出来ているのか不安になるほどベッタベタ。
でも、ひまわりの種が香ばしくて、夫にも好評でした。
(いや、無理やり美味しいと言わせた記憶もありますが…)


c0134496_5401291.jpg
そして、昨日金曜日に作った
フライドオニオンを混ぜたライ麦パン、
ツヴィーベルブロート。



なぜ3本しかクープを入れなかったのか、
自分でも覚えていないのですが、
開きも微妙でかっこわるすぎです。

でも、全粒粉が入るので、前に作った2つとは
食感が軽い感じで美味しいです。








作ったものの、朝晩食べてもとにかく消費に困ったので、パンとチーズが好きな友人宅に
毎日パンと共に訪れ、パンチーズランチをしました。

こちらは、ヴァイツェンミッシュブロートを使って
ブリーチーズとショルダーベーコンとアボカドのサンドイッチ。

c0134496_626100.jpg

サワー種を使うと、ライ麦独特の酸味も薄れてクラムももっちりするので、
サンドイッチにも合い、好評でした。
他のパンは薄くスライスし、いろんなチーズをちまちま載せて頂きました。
パンより友人が用意してくれたチーズの方が美味しかったなぁ。

本当は残り1つ、ロッゲンヴェックというヴァイツェンミッシュブロートを小さく分割して
オートミールや胡麻などをトッピングする小型ライ麦パンを作りたかったけど、
今日は週末ということもあって、さすがに友人宅に行くのはちょっと…ってことで、
作るのは断念…。


これだけ、ライ麦パンが続くとさすがに飽きます…。
昨日はツヴィーベルブロートを発酵させながら、ひよこ豆の焼きカレーパンも作りました。

c0134496_610778.jpg

前回の失敗の反省を元に、カレーの水分を飛ばし、生地は教科書から。
教科書は油で揚げていたのですが、焼成温度190度で15分ほど焼きました。

友人にも好評でしたが、恐らくお米と甘いソフト系のパンを食べたくなっているに違いないです。
私も白いお米が食べたい今日この頃…。
でも、今日は中華街で父の日ディナーです。ご飯のついた餃子定食…ないか…。
[PR]
by norinori_831 | 2008-06-14 06:28 | 辻調通信講座